皆さんの健康維持・増進に治療家として「お役に立ちたい」そんな日々を過ごすなかでの、出来事や臨床などを紹介していきます。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
40才女性、肩と膝の痛みで来院。15才のバセドウ氏病、20才の時交通事故によりムチ打ちの既往歴あり。現在会社勤めで、事務職。以前から肩と膝は、同じ姿勢および体勢を数分、数時間とると関節の可動がしばらくできないとのこと。数日前、静止状態で、かなりの激痛で今日は、仕事ならびにここに来院できるまでに痛みは落ち着いたとのこと。
立位のまま、両肩の回旋運動ならびに挙上を指示し、可動制限を確認した。両肩とも挙上は45度程度が精一杯のようで、回旋運動は、かなり制限が見られる。次に、膝関節の屈伸を確認するが、立位からの屈伸も膝の角度45度程度でそれ以上は不可能な状態である。
治療は、アクチベーターによる下肢の調整、ならびに骨盤の調整を行う。つぎに、腰部ならびに上半身については、アイソレーションテスト不可能と判断したため、座位を指示。座位のまま、両肩から上肢にかけ
静圧およに触圧などの軽い調整を行った。開始10分後には、両手挙上
が可能となり、回旋についてもかなりの改善がみられ、両手が後頭部にまわせるまでに改善した。ご本人いわく「久しぶりです、このように挙げれて、頭のうしろにまわしたのは・・」やや涙目で感動された。まだ、完全な改善ではないことを説明し今回の治療を終了、次回の予約となった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
更新,ですね!
筋衛門先生、こんばんは!
いや~、久々の更新でしたが、やっぱり筋衛門先生ですね!すごい臨床結果です。長年の経験が物語っていますね。さすがです。(^^;
アクティベーターのアイソレーションテストは、腕が完璧に動かなくてもその方向に持って行こうとする傾向の動きで反応が現われますよ。
無理に所定の位置まで持っていけなくてもOKですよ。
2005/12/04(日) 01:22 | URL | 骨吉 #GzafQkg2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://refreshed.blog33.fc2.com/tb.php/6-5f566e75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
【主訴】今年の夏頃より首肩に異常な痛みを感じ始める。夜も痛みにより睡眠がとれず、医療機関にて痛み止めを注射すること数回!現在は両腕が挙げられない。後ろにも違和感があり
2005/12/10(土) 03:14:41 | ある治療家による臨床報告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。